• ホーム
  • まつ毛育毛剤を探しているならルミガンを試してみましょう!

まつ毛育毛剤を探しているならルミガンを試してみましょう!

考えている女性

ルミガンはまつ毛育毛剤で、まつ毛の成長を促進させる医薬品として使われていますが、まつ毛美容液とは異なります。初めの目的は緑内障や高眼圧症の治療薬として使われていましたが、患者のまつ毛が伸び始めたことから副作用があることが認められています。ルミガンにはビマトプロストという有効成分が配合されていますが、休眠状態になってしまったまつ毛の毛包を刺激することができます。これによりまつ毛を太くしながら、成長期を延長させ健やかで濃く長いまつ毛を成長させることが可能です。
人によって個人差が大きいですが、まつ毛育毛剤であるルミガンの効果を感じ始めるのは、早くて開始してから2週間くらいになります。

2ヶ月くらいたつとまつげのボリュームが増えたという印象が強くなり、効果があらわれたことになっています。まつ毛の毛は頭髪とは違い、長さに限界がありますが4ヶ月くらい成長期で伸びることもあります。成長期を延長させ、まつ毛の長さをしっかりと伸ばすことができ、休眠している毛包を刺激してまつ毛を生やすことができます。またメラノサイトを刺激し、メラニンの合成をさらに活発化させるので、まつ毛の色が濃くなります。ルミガンをつけることによってまつ毛の長さや濃さ、量などが増えるため全体的にもボリュームアップして見えます。

まつげが抜けにくくなる効果もあるため、ルミガンをつけて効果的にまつ毛のケアをするケースが多いです。使い方はシンプルですが専用のアプリケーターを使って、毎日寝る前に1回上まつげの付け根につけます。目の周りや眼球は繊細で傷つきやすいので、衛生面でも清潔さを保って毎日つける必要があります。
アプリケーターは毎日新しいものを使い、ボトルの口には増えないようにすることが大切で、雑菌の繁殖を予防します。専用のものは使い捨てアプリケーターが多いため、ルミガンを清潔な状態でつけることができますし眼病予防になります。

目の周りに薬剤が付着すると、黒ずみなどの色素沈着が起こりやすくなるので、上まつ毛のきわのみにつけるようにします。はみ出した部分は優しくティッシュオフをし、目の周りに付着しないように気をつけることが大切です。目頭など薬剤がたまりやすいところに、毛が生えてくることもあるので、できる限り薬剤は少しずつ付けることが基本になります。ルミガンは病院で処方してもらう薬ですが、基本的に自由診療となるので、費用はクリニックによって設定されています。

関連記事
まつ毛だけじゃない?ルミガンは眉毛の育毛にも効果的です! 2020年06月22日

眉毛のケアをするときに毛抜きで抜いてしまうケースがありますが、抜きすぎることで生えなくなる人も多いです。特に時代の流れで細い眉が流行っていたからといって、毛抜きで抜いていた場合はまばらにしか生えなくなったというケースもあります。自まつ毛を生かした自然な眉が主流になりつつある現代では、生えなくなった人...

ルミガンのジェネリック薬は通販で購入することができます! 2020年06月07日

ルミガンはまつ毛育毛剤として使われ始めて人気が高いですが、色々な種類のジェネリック医薬品も登場しています。ジェネリック医薬品は先発医薬品と比べると、価格が安くなっていますし気軽に買えるところがメリットです。先発医薬品の特許が切れた時点で作られるのがジェネリック医薬品で、有効成分は同じものを使っている...

まつ毛に関する豆知識を知っておこう!毛周期についてご紹介します 2020年05月04日

まつ毛は頭髪と同じように生えたり抜けたりするサイクルがありますが、このことを毛周期と呼んでいます。一定のサイクルになっているのですが、超成長期は毛母細胞からまつ毛が伸び始める段階で、毛自体は皮膚の中にいる状態です。毛穴の中で毛が育っている状態なので、この時点では抜けたり生えたりする心配が必要ない期間...