• ホーム
  • まつ毛だけじゃない?ルミガンは眉毛の育毛にも効果的です!

まつ毛だけじゃない?ルミガンは眉毛の育毛にも効果的です!

微笑む女性

眉毛のケアをするときに毛抜きで抜いてしまうケースがありますが、抜きすぎることで生えなくなる人も多いです。特に時代の流れで細い眉が流行っていたからといって、毛抜きで抜いていた場合はまばらにしか生えなくなったというケースもあります。
自まつ毛を生かした自然な眉が主流になりつつある現代では、生えなくなった人はどうにかして生やしたいとしています。まつ毛育毛剤として毛の育毛をするルミガンは、眉毛の育毛にも効果があり塗布する部分をアレンジするだけです。自眉が整っていることで眉毛を毎日描く必要がないですし、時間の短縮にもなっているので便利に生活できます。

ルミガンは有効成分であるビマトプロストが、毛根に働きかけ毛を生やしていく薬剤なので、眉毛につけると効果があります。抜き過ぎてしまってまゆが生えてこなくなったケースや、自眉が薄く毎日描かなくてはいけない人がいます。まつ毛と同様にケアしながら毛量を増やし、自眉を育てていくことができるのはルミガンです。ルミガンを使うときには注意点がありますが、まつ毛に使用するときも同様ですが色素沈着を起こすことがあります。赤黒いクマに似た色素沈着が起きやすいのが特徴で、それを防ぐには付着してはいけないところにワセリンを塗ることです。

まつ毛の場合は周りに起こった色素沈着であれば、コンシーラーなどで隠すことが可能ですが、まゆの場合は少し難しくなります。ルミガンの薬剤が付着したところを放置することで、色素沈着が起こるので眉育毛で用いるときも同様です。また眉を生やしたいところからはみ出さないように、慎重につけることは眉育をするに当たってポイントになります。つける時間帯は夜寝る前で、清潔にクレンジング洗顔された肌に使用しますが、メイクが残っていないようにします。まゆを生やしたい部分を決め、それ以外の肌にはワセリンを塗り、薬剤が付着しないように気をつけます。

まつ毛に用いる時は専用のアプリケーターなど、細いブラシのようなものでつけますが、眉の場合は歯間ブラシが効率よくつけられます。生やしたくないところに薬剤がついた時は、すぐに拭き取るようにし、毛の部分についても拭き取ることが大切です。また眉育のために使う男性も多く、女性の場合はメイクで眉を描くことが可能ですが、男性はそうはいきません。人前によく出るような職業の男性は、眉を整えていることも多く、眉が薄い人はそれがコンプレックスになることもあります。男性もルミガンで眉を育毛する時は、自然に仕上がるので使いやすいですし、不自然な仕上がりにならないのが特徴です。

関連記事
ルミガンのジェネリック薬は通販で購入することができます! 2020年06月07日

ルミガンはまつ毛育毛剤として使われ始めて人気が高いですが、色々な種類のジェネリック医薬品も登場しています。ジェネリック医薬品は先発医薬品と比べると、価格が安くなっていますし気軽に買えるところがメリットです。先発医薬品の特許が切れた時点で作られるのがジェネリック医薬品で、有効成分は同じものを使っている...

まつ毛育毛剤を探しているならルミガンを試してみましょう! 2020年05月18日

ルミガンはまつ毛育毛剤で、まつ毛の成長を促進させる医薬品として使われていますが、まつ毛美容液とは異なります。初めの目的は緑内障や高眼圧症の治療薬として使われていましたが、患者のまつ毛が伸び始めたことから副作用があることが認められています。ルミガンにはビマトプロストという有効成分が配合されていますが、...

まつ毛に関する豆知識を知っておこう!毛周期についてご紹介します 2020年05月04日

まつ毛は頭髪と同じように生えたり抜けたりするサイクルがありますが、このことを毛周期と呼んでいます。一定のサイクルになっているのですが、超成長期は毛母細胞からまつ毛が伸び始める段階で、毛自体は皮膚の中にいる状態です。毛穴の中で毛が育っている状態なので、この時点では抜けたり生えたりする心配が必要ない期間...